歯の治療に使うマイクロスコープとは?

一般的なマイクロスコープは、肌チェックや頭皮チェックでよく使用されます。パソコンやスマートフォンにUSB接続して使える手頃なマイクロスコープもあります。 歯の治療で使うマイクロスコープは、大きく拡大して見ることができるという点は同じですが、歯科治療専用に開発された大変高価な機器です。拡大だけに限れば歯科診療ではルーペがありますが、マイクロスコープは、ルーペよりも拡大できるだけでなく明るく照らすことができます。そして肉眼では確認できないレベルのものを見ることができるため、歯や歯茎の状態を手に取るように把握できます。 虫歯というと痛みを感じて気づく場合がほとんどですが、歯の表面を詳細にみることができるため虫歯の早期発見・早期治療に大いに役立つのです。そして治療自体も精密に行えるので再発のリスクが大幅に下がります。また、虫歯にかぎらず、詰め物や被せ物にも力を発揮します。ミクロン単位での調整が可能ですので、永く持つことが期待できます。他にもメリットはたくさんありますが、肉眼では見えないけれども経験や勘に頼る手探りな治療と、肉眼では見えないものまで見て行う治療とでは、大きな違いがあることはイメージしていただけることでしょう。 何十年というベテランの歯科医師でも「マイクロスコープを使ってまだ2〜3年の先生にかなわない。」と話す方もいらっしゃいます。 現在、海外の大学で歯科医療を学ぶ場合は、顕微鏡の使用を前提とした教育が義務付けられています。ところが、日本の歯科医療におけるマイクロスコープ普及率あまり高くありません。全国の歯科医院におけるマイクロスコープ導入率は3〜4%と言われております。

なぜ、マイクロスコープが普及しないのか?

なぜ、国内でのマイクロスコープの導入、普及が遅れているのでしょうか? ・設備が高額である ・新たな技術の習得が必要 ・精密な治療のため治療に時間がかかる ・現在の日本の制度では保険が適用できない といった理由が考えられます。 この中で患者さんにとってデメリットといえるマイクロスコープの欠点は「治療時間が長くなる」「保険が適用されない(料金が高い)」の2点でしょう。 患者さんの意向や気持ちを最優先しますので、患者さんが望まない治療、余計な治療はいたしません。ただ、患者さんの歯のことを第一に考えた治療のためにはマイクロスコープは必要だと私は強く思っています。マイクロスコープにより、カンや経験に頼っていた曖昧な治療から確実な治療が可能になったことは紛れもない事実です。そして歯根破折など今までは治療不可能であった範囲まで処置が可能となりました。 マイクロスコープを使用するメリットをまとめると ・精度の高い診断が可能になる。 ・抜歯をせずに残せる可能性があります。 ・非常に繊細な仕上げが可能です。 ・治療の一部始終を映像記録で残せます。 ・再発率が極端に低くなります。 もちろんマイクロスコープが万能なわけでは決してありません。治せないものは治せませんし、使う必要のない治療もございます。使い方が大切なのです。当院では拡大が必要な診療では、まずは機動性に優れたルーペを使い、精密さが要求される治療にはマイクロスコープを使用するというスタイルをとっています。全ての治療にマイクロスコープを使用されている歯科医院もありますが、当院ではルーペ+マイクロスコープの併用がもっともバランスがとれていると判断しています。 今後、マイクロスコープを設置する歯科医院は増えていくと信じています。結果的に日本の歯科医療全体の技術が向上し、多くの人に良質な治療が行き届いてほしい、と真剣に思います。

映像の記録

マイクロスコープ治療ではお口の中の様子、治療の様子すべて鮮明な映像で記録できます。治療後に、どこをどのように治療したのかを患者さん自身の目でご確認いただけます。この映像による記録は、治療に対する満足感と安心感を患者さんご自身で実感していただけるだけでなく、医師と患者さんとの間の信頼関係の向上にも役立つと思います。

マイクロスコープには技術力が求められます。

当院では、世界最高峰のレンズメーカーである独CurlZeiss社のマイクロスコープを設置しています。倍率は最大で約30倍です。マイクロスコープを通して見えるのは、肉眼やルーペでは見えてこないマイクロの世界です。患部を即座に診療するにはルーペが有効ですが、ルーペの拡大では捉えることの出来ない根菅の内部、歯周組織などが手に取るように見えることができます。 裁縫針に糸を通す場合を考えてみてください(糸通しは使わない場合ですよ)。虫眼鏡などで穴が大きく見えていたら、簡単に糸を通せますでしょうか?大きく見えていても、手の動きは、より繊細さが要求されるのです。目で見えていても、手の動きは別ですよね。 マイクロスコープを使いこなすには、技術やノウハウの習得、多くの経験が必要で、それにはやはり時間はかかります。 高倉歯科マインドクリニックではマイクロスコープを早い段階から導入し長年診療を行ってきました。数多くの経験で磨いてきた技術には自信をもっております。 しかし、非常に残念なことにマイクロスコープ診療は保険の適用ができません。 当院では一人でも多くの患者さんに、マイクロスコープを使った治療がどのようなものかを体験していただきたいと思っております。 高倉歯科マインドクリニックでは、初診に限り、保険診療・自由診療のどちらでも無料でマイクロスコープを使った検査を行っております。(マイクロスコープを用いた治療は自由診療となり費用がかかります。保険適用でのマイクロスコープを使用した治療はできません。) 是非、ご利用ください。