大臼歯の被せ物(クラウン/冠)

大臼歯は奥歯で、お口を開けたときに比較的見えにくい位置になります。。 大臼歯に被せ物や詰め物をする場合、 当院オススメの素材は、耐久性と審美性ともに優れているジルコニアです。 保険の適用できる被せ物は、いわゆる銀歯になります。

クラウンとは?

英語でcrown。意味は冠です。かぶせる物ということです。 歯科においては、虫歯や外傷などで歯の形の大部分が欠けてしまったりした場合などに土台となる歯の形を整え新しい歯の形・色を作製し装着する(かぶせる)ものです。

クラウンの構造

クラウンは、治療で削った歯やインプラントなどの土台の上にかぶせるものです。土台にくっつける部分と表面で2つの素材を使っているものが「◎◎◎ボンド」と呼ばれているものです。ボンドとは結合という意味です。 セラミック・メタルボンドは、接着面に頑丈な金属を使い、その表面に白いセラミック(陶材)を使ったものです。 セラミック・ジルコニアボンドは、接着面にジルコニアを使い、その表面に白いセラミックを使ったものです。

一方、いわゆる銀歯、金歯は、均一の素材でつくられたものです。金属を使わずに、すべてセラミック(陶材)でつくられたフル・セラミックのクラウンもございます。しかしセラミックは割れやすいという欠点がありますので当院では扱っておりません。プラスティック(レジン)とセラミックを混ぜ合わせたハイブリッドセラミッククラウンというものもございますが、同じく割れやすいので扱っておりません。 当院がもっともオススメしたいのは、すべてジルコニアでつくられたクラウンです。

被せ物の費用=素材の値段ではありません。

当院では、なるべく二度と治療が必要ないような耐久性と元の歯に限りなく近いレベルの処置を目指し、最良の素材を用いた治療を提供したいと思っています。歯の削り方、型の取り方の技術には自信をもっています。型は精密さが命です。この精密さは、保険診療と自由診療の値段の差以上の違いがあると思います。 クラウンの値段を素材の違いだけで判断しないでください。クラウンを設計するのは歯科医師ですが、作るのは歯科技工士さんです。 当院では、高い技術をもつ技工士が20倍の顕微鏡を使って作業、製作するので、当院の補綴物は歯に被せたときの隙間は数ミクロンほどという適合性を実現させようとしています。

信頼できるのは日本の技術

安い価格には必ず「理由」があります。 当院では国内で一つ一つオーダーメイド製作をしています。

費用例 - 大臼歯の被せ物(クラウン/冠)

保険名称参考写真親和性審美性耐久性価格
合金★★★★★★★★★★★★¥ 5,000 前後
-金合金★★★★★★★★★★★★★★★取り扱っておりません
-18K/白金加金★★★★★★★★★★★★★★¥ 150,000
保険名称参考写真親和性審美性耐久性価格
-セラミックメタルボンド★★★★★★★★★★★★★★★¥ 180,000
-フル・ジルコニア★★★★★★★★★★★★★★¥ 100,000〜200,000
-ジルコニアボンドジルコニア+セラミック★★★★★★★★★★★★★★★¥ 150,000〜280,000
掲載している保険適用の治療費は公的医療保険の3割負担の場合です。
医療費の助成制度につきましては、お住まいの地域により異なります。
※ 症状や治療期間により異なる場合もございます。
▸ 医療費控除について

素材の特徴

いわゆる銀歯です。保険適用できる金属のみを使用した合金です。 ◎金属なので強度が強く、強い力がかかる部位にでも使用できる。 ◎保険適応なので安価。 ×金属なので見た目が良くない。 ×歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性がある。

より精巧に作製できますので強度が高いです。見た目はいわゆる銀歯の銀色ですが。ただ、外から見える部分はできるだけ白く見えるように工夫しています。

金は金属アレルギーがほとんどありません。ですが、純金(24K)ですと柔らかすぎて強度が保てません。ですので18Kまたは白金加金を使うことで適切な強度を保っています。色味はお好みでお選びください。

金属の表面にセラミックを使用していますので白くて審美的にすぐれています。まれに歯肉を黒く変色させることがあります。

当院で取り扱う「ゼノスター」は表面も全てジルコニアで出来ています。ジルコニアはホワイトメタルと呼ばれる素材で、人工ダイヤモンドなどに使用されているほか、スペースシャトルの外壁(耐熱性)や人工関節の素材にも使われています。過酷な用途に耐えれるだけでなく、金属ではないので生体親和性が高いのが特徴です。 ゼノスターは現在使用されている歯科材料の中で最も強度が高いのですが、硬いだけではありません。ゼノスター自体、摩耗しにくいのですが、噛みあう天然歯のエナメル質も摩耗しにくいのです。

ジルコニアをベースに表面をセラミックで焼き付けたものです。色調の表現力が豊かですので、となりの歯と同じに見えます。ただし、表面がセラミックですので割れることがあります。