詰め物(インレー)とは?

むし歯の治療で、多くの方々にとってもっとも馴染みが深いのが銀色の詰め物だと思います。詰め物のことを英語でinlayと書くことからインレーとも呼ばれています。 小さなむし歯の場合、そのむし歯の部分を削り取り、そこに詰め物を詰める、これが一般的なむし歯治療の流れでしょう。

当院のこだわり

インレーに於いて、当院では、敢えて、セラミックは使いません(クラウンとインレーは役割が異なります)。 なぜ、他の医院がつかうセラミックを使わないのか? まず、患者さんご自身の歯は、それぞれ個人差がありますが一定の硬さを持っています。 そして、金属は材質により硬さの違いがあれ、減ります。ご自身の歯も使っていれば減っていきます。 その摩耗具合がセラミックにはありません。 なぜなら硬すぎるのです。 セラミックは硬すぎるために、自然の歯にはめ込んで使用すると詰めた部分だけ摩耗しないというアンバランスな状態になります。そして「割れる」または「自分の歯が欠ける」という状態が必ず起こります。そこで、再治療となると、せっかくある自然の歯を無駄に削らないといけなくなります。 あくまでも患者さんの歯の健康を第一に考えている当院では、敢えて行いません。

白い詰め物をご希望の場合

他の医院が行っているセラミックの詰め物は当院では行いません。しかし、白い詰め物をご希望の方にもきちんと応えます。 当院での白い詰め物はレジンを使用します。マイクロスコープ(歯科顕微鏡)かルーペにて拡大して、ご自身の歯に直接レジンで詰め物をします。 レジンはいわゆるプラスティックですが、昔とは違い目覚ましい進歩を遂げました。レジンのかたさが患者さんの歯のかたさに近く、レジンで詰め物をしても自然の歯に近い減り具合を実現できます。 また、セラミックは使用しないのですが、近年の技術向上によりジルコニアを使った白い詰め物も可能になりました。 当院では、なるべくご自身の歯の歯のかたさに近い材料を選んで使用しています。見た目ももちろん大事ですが、患者さん自身の歯と健康を何よりも第一に考えています。

詰め物(インレー)の種類と費用例

保険名称特徴審美性耐久性費用
合金保険が適用されるため費用が安いです。お口の中では黒っぽく見えます。★☆☆★☆☆¥ 2,000前後
-金合金見た目は銀色です。より精巧に作製できますので強度が高いです。★★☆★★☆¥ 30,000-
-18k
または
PGA
腐蝕に強く耐久性が高いのが特徴です。生体親和性にも優れアレルギーをお持ちの方にも安心です。材質は2種類ございます。18kと白金加金(PGA)になります。歯の状態に合わせて選択します。★★★★★★¥80,000〜150,000
-ジルコニア
e-MAX
技術向上によりインレーに使用できるようになった待望の白い詰め物です。★★★★★★¥50,000〜
掲載している保険適用の治療費は公的医療保険の3割負担の場合です。
医療費の助成制度につきましては、お住まいの地域により異なります。
※ 症状や治療期間により異なる場合もございます。
▸ 医療費控除について