*

ラバーダム

何のためにするの?ラバーダムのメリットとは?

ラバーダムとは、ラバーバーダム防湿(ぼうしつ)法という歯の治療方法で使うものです。

「ラバーダム」という言葉は耳慣れないと思いますが、実はみんな知っているものです。医療ドラマで患者さんが手術を受けるときに掛けられているゴムっぽいのっぺりとしたシーツ。あれです。あれの歯医者さん版です。

ラバーバーダム防湿(ぼうしつ)法とは、治療する歯をゴム製のシートを使って隔離してできる限り無菌的に治療を行う方法です。もちろん治療するときには清潔な器具を使いますが、清潔な器具を使うのは当然として、お口の中自体が問題なのです。

なぜ防湿なのかといいますと、口の中は唾液が常にでており水分でいっぱいです。湿気が多ければカビが生えるように菌は水分大好きです。治療するお口の中には沢山のばい菌が無数に存在しています。炎症が起きているところが汚れていると治りにくくなります。水分いっぱい・菌もいっぱいのお口の中を治療するには、除湿・無菌がベストなわけです。

口の中全体を除湿するのは不可能です。部分的、治療する部位だけでよいのです。唾液などに含まれる周りからのばい菌の侵入を防ぎ、病気の原因菌が少なくなれば治りやすくなります。ラバーバーダム防湿(ぼうしつ)法はそれを実現する治療方法なのです。

歯の治療とくに根管治療においては、ラバーダムは必須です!!

早く治りやすくなる&安全

ラバーダムを付けないで治療した歯と、ラバーダム防湿法をつかって治療した歯を比較すれば、確実にラバーダムを使った方が治りは早いです。治りが早いだけでなく、治療部位を「ラバーダム」で清潔に維持することで、治療した部位の再感染のリスクが減り、詰め物や被せものも長持ちしやすくなります。

また、治療中に出る削りかすや使用する薬剤は体に良くないもの、不味いものもあります。それらを飲み込まずにより安全に治療できるというメリットもあります。

デメリットは、ちょっと息苦しい

お口にゴムのマスクを掛けたりしますので慣れないうちは少し息苦しい感じがするかもしれません。鼻づまり等で鼻呼吸ができない方は行うのが難しいかもしれません。ただ、慣れた方ですと、寝て起きたら治療が終了していた!などということもあるくらい気にならなくなる方もいます。また、喉の奥に設置する道具も有るので、喉の奥が敏感な方は使用するのが難しいかもしれません。

全体として考えると、より長持ちする良い治療を出来るという点でメリットの方がはるかにおおきいと思います。

 

ラバーダム=ラバーのダム

治療する歯、もしくはその近辺の歯にくさび状の金具をひっかけ、それ以外の歯をゴムのマスクで隠します。つまり、治療に必要最低限の歯だけを露出させるようになっています。また、くさび状の金具だけでは、だ液が漏れてきてしまい、感染の可能性がある為、ダムと呼ばれるパッキンみたいな材料があり、ダムで歯の全体を覆います。
そうする事で治療している歯に使う薬剤が、患者さんのお口の中に入るのもふさがります。

こんなに便利な器具なのに、使用していない歯科医院が多いのが現状です。

何故、ラバーダムをやらない歯科医院が多いのか?

数年前までは、保険診療に算定項目がありましたが、現在では、包括治療になってしまっているので、時間、手間、材料代のコストを考えると使わない診療の方が歯科医院の収益が上ります。これを補うには、人件費、材料代などのかかる費用が必要になります。

つまりは、自由診療にならざるえなくなります。

ラバーダムを使っても保険診療の点数になりませんし、ラバーダムを使わないといけない決まりはありません。使わない歯医者が多いのは当然の結果です。ですが、治療の精度をあげる上では絶対に必要なのがラバーダムです。

患者さんの神経ない歯を出来る限り残す為には再発の可能性が低くなります。患者さんの歯の健康・将来を考えればラバーダムは必要です。高倉歯科マインドクリニックでは、ラバーダムを使用して診療しています。

ラバーダムを装着した方が良い、診療内容は、

  1. 根管治療。神経をとってある、または、とらなけれならない歯
    の根の治療の場合
  2. 直接覆罩と呼ばれる、虫歯が深い際に歯の神経を残す治療の場合
  3. 治療して、詰め物を直接詰める際、だ液、血液など、他の侵入物が治療するのに妨げになる可能性がある場合

など、多岐にわたります。

保険診療制度を何とかしてもらいたいのが、当院の思いです。

 

 

 


高倉歯科マインドクリニックが3MIX-MP法からMTA治療に変更した理由

数年前までは、虫歯の治療に3MIX-MP法を使用して治療をしてきました。

3MIX-MP法は、無痛歯科治療法のひとつです。薬を使って虫歯を痛みなく治す方法なのです。

3MIX-MP法とは?

3MIX-MP法で使用する薬剤

どんな薬を使用するのかといいますと、3MIXという名前のとおり3つの薬剤を混ぜ合わせます。その3つの薬剤はアズソール、ミノマイシン、シプロキサンという抗生剤です。この3つの抗生剤を混ぜ合わせるためにポリピレングリコールとマクロゾールという溶剤を使います。3つの抗生剤と溶剤を混ぜ合わせて出来たクリーム状の薬が3MIXーMP法で使う薬剤になります。

このクリーム状の薬剤を虫歯の穴の中に塗りこんで細菌を殺してしまう治療が3MIX-MP法です。虫歯の穴に薬剤を詰めただけでは穴から漏れてきてしまう可能性がありますので、蓋をして封鎖します。グラスアイオノマーセメントというものを使用するのですが、これは3MIX-MP法で使う薬剤と合わさると固まるのです。虫歯の穴に薬を入れて蓋をする。これだけ聞くと理にかなった治療、しかも痛みがないとなれば完璧な虫歯治療ですが、実際には、薬剤を完全に封鎖・密閉させるのは困難です。蓋は薬剤とセメントが混ざる感じになり、その味はとても苦いです。

当院で、実際に治療で使用してましたが、歯がしみる・歯が痛むといった虫歯の症状が治まるといった効果はありました。ただ、これはあくまで患者さんが痛くなくなった・沁みなくなったという効果です。

本当に虫歯菌が完全にいなくなったのか?はわからないのです。

せっかく埋めた虫歯の穴の蓋をとって詰めた薬剤をとって確認することはできません。

あくまで、痛い・しみる、といった症状さえでなければ虫歯が治った・・・患者さんはそう思うでしょうが、歯科医師としては確実に治ったとは言い切れないのです。

これが、現在、3MIX-MP法の使用を廃止にした理由です。

3MIX-MP法の代わりに、高倉歯科マインドクリニックでは、MTAを使って虫歯治療を行っています。

これからその理由を説明します。

文章の中で、難しい言葉や専門用語も出てきてしまいますが、薬剤名や歯科材料の化学反応という専門的な事柄の為、ご理解ください。

3MIX-MP法は虫歯菌だけでなく歯の神経をダメにしてしまう可能性があります。

先に申し上げたとおり、3MIX-MP法は、痛みに対しては、痛くなくなるという効果が出ていますが、実際にどれだけの細菌が死んだかどうかは、分かりません。さらに、3MIX-MP法で治療しても菌だけでなく歯の神経が死んでしまう場合もあるようです。

3MIX-MP法で歯の神経が死んでしまった歯は、黄色く変色します。黄色への変色の問題点は、健康な歯質とそうでない歯質の区別が困難になること。健康な歯でも黄味がかった色の方はたくさんいらっしゃいます。なぜ3MIX-MP法で歯が黄色くなるかといいますと、薬剤にふくまれるミノマイシンという抗生物質が歯の色を黄色くするのです。

従って、マイクロエンドと呼ばれる根の治療においては、治療しにくくなります。マイクロエンドというのは、マイクロスコープを見ながら根の治療をする治療法です。これは、通常の根の治療法(手探り)に比べて、格段に成功率が上ります。(マイクロエンドは、保険診療の対象外になる場合があります。)

実は、3MIX-MP法は認可を受けていない治療法

3MIX-MP法自体は、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会、アメリカ食品医薬品局(FDA))などから認証されていません。日本歯科保存学会でも容認されていません。

3MIX-MP法で使用する薬剤自体は認可されているものですので、患者さんの同意があれば保険適用外ですが治療で使用することはできます。

国から保険適用できる治療方法として認められていない理由に歯の変色問題もあるそうですが、最大の理由は、耐性菌が生成される恐れがあるためです。

耐性菌、つまり薬で効かなくなる細菌が発生する可能性があるのです。

細菌は非常に変異しやすいので、抗生物質の薬が効かなくなる耐性菌になってしまうと非常に危険です。身体の抵抗力が弱い高齢者や小児、また全身疾患を有する人の生命を脅かす可能性もあります。殺人バクテリア(耐性黄色ブドウ球菌)などと呼ばれている細菌の名前はニュースなどで見たことがあると思います。

まだ3MIX-MP法での耐性菌が発生した報告はないようですが、研究は進んでいない上に可能性は否定できないというわけです。

MTAを使用した治療とは?

一方、MTA(mineral trioxide aggregate) は1998年にアメリカでProRoot MTAとして製品化されました。成分はケイ酸ニカルシウム、ケイ酸三カルシウム等のカルシウム酸化物の複合体であるため、精製水により混ぜられたMTAの水和物は強いアルカリ性で細菌を殺菌します。さらに、MTA水和反応生成物であるCSH(カルシウムシリケートハイドレイト)による細菌を封じ込めによる細菌の発生するのを止める効果をねらったものであるため、耐性菌が生じることはありません。

MTAは薬剤ではありません。無機質の生体材料です。MTAは薬剤ではないのですが、日本では2007年に薬事承認されていますので治療で使用することができます。

MTAがなぜ治療で効果を発揮するのかといいますと、まずMTAは強いアルカリ性です。その強アルカリ性が細菌を殺し、さらに材料が硬まることで密封し完全に細菌が死滅します。

MTAの硬化体が修復物(詰め物、被せ物)と接着して、セメントやCR(コンポジット レジン)などの歯に詰める詰め物との接着も良好であったという結果からもMTAは世界各国から多数の論文によりその治療効果は証明されています。このことから、細菌の2次感染に対しても、より有効な結果にはたらいていることが知られています。

近年では、MTA根充(つまりMTAを直接、歯の根の中にいれる事)によって歯の根の破折抵抗性が向上するなどの実験データも見受けられます。要は神経をとってしまった歯でも割れにくくなるという事です。

MTAの欠点は、発売当初の2007年頃は、硬化時間が長い、使い方が難しい、歯を黒く変色させる場合がある。などがありましたが、現在では、改良された製品が続々と開発されています。

当院では、現在、2種類のMTAを使いわけています。

硬化時間が長く、長年海外で実績のあるMTA(Pro Root MTA)と、短時間で硬化し歯を変色させずらくした新しいMTA(バイオMTA)の2つです。(硬化時間が短いMTAでも歯を黒くしません。)昔ながらの、ProRoot MTAも現在はさらに、改良をして現在では、歯の変色をさせない様になりました。また、バイオMTAは、2015年に発売されたばかりの製品です。初期硬化時間が150秒と短時間で固まります。

硬化時間が長いMTAは、根の治療材として。また、硬化時間が短いMTAは、虫歯が深く、直接覆罩(ちょくせつふくとう)と呼ばれる直接歯の神経が出てしまった場合の処置に使用します。根充と呼ばれている根に最終的な詰め物をする際には、硬化時間が長いMTAでゆっくりと根の先までMTAを詰めます。硬化時間が短いと作業の途中で固まってしまう場合があるからです。逆に、硬化時間が短いMTAは、神経が出てしまった場合などには効果的です。(すぐに、蓋が出来ます。)硬化時間が長いMTAでもその治療は、出来ますが、細菌感染の可能性が高まりますし、すぐには当然蓋が出来ません。

これらを、総合的に考えて、予知が明確でなく耐性菌が出来る可能性がある3MIX-MP法に比べてMTAでの治療は、より安全で確実性の高い治療法だと判断しました。これからの日本の歯科医療の進歩・発展の為、何よりも患者さんの将来を見据えた治療を考えれば、3MIX-MP法の使用を中止し、MTAでの治療法への変更は当たり前のことですよね。

歯科治療における成功率を決定づける要因とは?

歯科治療で、直接覆罩(ちょくせつふくとう)後の予後(神経が出てしまった場合の処置)、根治(根管治療)での成功率の差は治療時にどれだけ精密に出来たかが最も大切です。

いくら良い材料を使用しても、時間をかけた丁寧な治療が予後を大きく左右させます。

治療後のメインテナンス(被せ物の汚れ取り)も成功率を左右させる大きな因子です。

精密かつ精巧な治療に必要なこと

被せ物も詰め物もしっかり合わせてすき間なくつくり細菌を再感染させないことが大切です。とにかくひたすら精密に精巧に治療することが歯科治療においては肝です。

ですが肉眼・ルーペによる昔ながらの治療では不可能なのです。

高倉歯科マインドクリニックではマイクロスコープを使った「見える治療」にとことんこだわっています。

マクロスコープとは?


歯の寿命を決めるのは「あなた」です。

年をとるにつれて歯が無くなる、ということは誰もが何となく思い描いていることのはずです。

80歳超えても、歯がいっぱい残っている方と、そうでない方がいます。

日本人は歯を失いすぎている民族だと思います。それは、歯に対する意識が薄く、予防という習慣が根付いていないためです。とはいいましても、昔に比べれば随分と改善されつつあります。予防歯科という言葉もわりと一般的になってきました。

歯の寿命を延ばす方法via:8020運動

8020運動というものがあります。ハチマルニイマル運動と読みます。これは80歳になった時に20本の歯が残っていることを目標とする運動です。このような運動の効果もあって、2011年のデータによれば後期高齢者(75歳以上)で20本以上の歯を持つ人は37%とのことです。75歳以上の方の歯の平均本数は13本ほどです。なんと1970年代は平均で5本未満だったので、飛躍的な進歩を遂げたといえますね。

でも、まだまだです。最低でも二人に一人、50%以上の人に20本以上残っていて欲しいものです。

日常生活において何も問題がなくても、1年に1回でもよいので歯の定期健診を受けて下さい。

ところで、歯の本数を20本といわれても、皆さんは子供や大人が何本ぐらい歯があるかご存知ですか?

人間の歯は進化の過程で減りつつあります。

子供では20本、大人では28本です。この28本という本数は親知らずを除いた数字です。親知らずが全部生えている人では32本になります。

親知らずも「歯」です。

しかし、4本全て生えている人もいれば、1,2本だけ生えている人もいます。これは何故なのでしょうか?

親知らずの存在は、人類の進化と密接に関係しています。

サル(現在の猿ではなく、類人猿との共通祖先)から進化した私たち人類は、サルの時代には持っていた尻尾を、持たなくなりました。なぜ持たなくなったかといいますと、木の上でなく地上で暮らすようになり必要としなくなったためと考えられています。とはいいましても、人間は胎児の初期段階では尻尾はあり、生まれてくるころにはなくなっています。時として尻尾が生えたまま生まれてくるケースもあります。外見上、尻尾はなくても、人間には尾骨という骨があり、尾骨を形成する尾椎の数は人によってことなります。尾椎の数が人によって異なる、というのは、親知らずと似ていますね。

退化(進化とも言えますね)した尻尾と同じように、親知らずは現代人にとって不必要になりつつあるのです。その原因は、食べ物の変化です。火を使うようになり、道具も進化したため、人は柔らかい食べ物が食べられるようになりました。つまり、しっかりと物を噛まなくても食べることができるようになったのです。モノを噛むという動作は頭〜首周辺までの広範囲の筋肉を使います。柔らかいものを食べるのに、そこまでの筋肉および歯を使う必要がなくなったため、顎は小さく、歯の本数が少なくなりつつあります。

親知らずを除いた歯の本数が28本でない場合

親知らず以外の歯では、一生に一度だけ生え変わる歯が20本(乳歯ですね)、一度も生え変わらない歯が8本あります。これら28本の歯は、一度失うと二度と生えてきません。28本の歯が揃っていないという方は少なくありません。もともと持っている歯を失う原因のほとんどが虫歯・歯周病によるものです。特殊な例として、生まれつき歯の本数が少ないことや、痛ましいことですが大怪我によってなくなってしまったりすることもあります。

歳を取ると歯って抜けるの?

入れ歯ときくと、おじいちゃん・おばあちゃんをイメージされる方が多いと思います。歳を取れば、毛髪同様、歯は抜けていくもの。そんな風になんとなく思われていると思います。老化によって歯が抜けることはあります。

では、老化で歯が抜ける原因はなんなのでしょうか?

歯が抜ける原因のひとつに寿命があります。歯には寿命があるのです。耐久性は個人差はありますが、人間の平均寿命から考えて、100年以上持つようには作られていないのは明らかです。歯の寿命は大体60年くらいと言われています。乳歯→永久歯に生え変わってから60年というと大体70歳くらいですね。

歯の寿命を迎えるということは、最終的に歯が抜けてしまうということを意味します。日本人は80歳で残っている歯の本数は平均で10本に満たないと言われています。しかし人によっては20本以上残っていらっしゃる方も。

歯の寿命とその寿命を決定する要因について

歯の寿命といっても、最初から決められたものではありません。歯が抜けたら、それを寿命としているということですので、歯が抜けてしまう原因まで掘り下げてみましょう。

老化によって歯が抜ける原因で、もっとも多いのが「破折」です。はせつ、と読みます。破れる・折れる、という漢字ですので、歯が砕けてしまうような恐ろしい感じがしてしまいますが、分かりやすくいいますと「歯の老朽化」です。

歯も臓器の一部です。何十年と使っていれば、それなりのダメージをうけていると思ってください。これは、神経がある歯でも、ない歯でも起こりうることです。歯はすり減っていくものなのです。

実際のところ、歯の老朽化は、外見だけではよくわかりません。外見は普通でも、ヒビが入っていて突然割れてしまうなんてことはよくあります。これは、神経がない歯ですと、神経がある歯よりも顕著です。

神経がある歯の破折は、咬むと違和感から始まり、いずれしみるようになります。また、神経のない歯の破折は、いきなり痛みが出てきて、歯茎が腫れるようになります。

とにかく大切なのは神経!歯の神経は出来る限り残すことが大切です。

ただ、神経が残っている歯でも、加齢によって歯髄とう神経のかたまりがだんだん小さくなってなくなってしまいます。(歯髄腔の狭さくと言われています。)これが原因で、歯がかけてしまう場合もあります。この歯の神経の狭窄は、一般的に80歳以上の方であれば皆起こることです。

割れてしまった歯は、残しておくことは・・・難しいです。老人の方の疲労骨折は良く聞く話だと思いますが、やはり歯も骨折して割れてしまう場合があるという事です。普通の骨でしたら、骨折しても元に戻りますが、歯は折れてしまったらおしまいです。

もう一つ、老化により歯が抜ける原因として「老化による顎の骨の縮み」があります。

歳をとると、身長が縮んでいきますよね。顎の骨も同じなのです。約1年間で0.1ミリ、10年間だと1ミリです。80歳ですと20歳から60年ですので約6ミリ程縮むのです。年を取って小さくなったと感じるのは、骨の縮みによる影響が実はもっとも大きいかもしれません。

歯の根の長さは、個人差がありますが、仮に根の長さが12ミリだとすると、80歳では、骨に埋まっている根は、約6ミリ。どうしても浅くなってしまうのです。これに加えて、咬みあわせの病気、咬合性外傷などが加わると歯が炎症を起こして抜けてしまう場合もあります。

このように、老化によって歯が抜ける・欠けてしまうことは避けることができませんが、神経の有無によって、その時期は大きな差が生じます。神経のない歯の寿命は、15−20年といわれています。

歯並びをキレイに見せるための矯正のために、抜歯するというケースもありますが、健康な歯を抜くことは絶対によいことではありません!

老化によって歯を失うにしても、できるだけ多く残した方がよい理由

一本でも多くの歯を残すこと、これはどなたでも「よいこと」であると、なんとなく理解していらっしゃるはずです。

一本の歯というと、たかが一本かもしれませんが、されど一本。その一本が大切です。

歯の大切さを理解するためには、歯が無くなったときの口の中の変化を理解することが大切です。

変化というよりも、歯が無いことによるデメリットを知っておいていただきたいと思います。差し歯やインプラント、入れ歯にすればOK、ということではありません。それでも補えきれない損失は絶対的にあるのです。

歯の数は全部で28本とあると書きましたが、何らかの理由でその数よりも減ってしまった時にお口の中では様々な変化が起こり始めます。その変化は私たちが慣れるようにゆっくりと進んでいきますので、深刻な状況になるまで気づかないなんてことも珍しくありません。

歯は移動します。

歯が抜けてしまいますと、抜けた歯に隣接していた左右の歯や、無い歯とかみ合う上下の歯は、少しずつ徐々に徐々に移動します。つまり、かみあわせが変化します。その噛み合わせが大きく崩れてくると、 あごの筋肉や顎の関節にまで影響がでてきます。

声を出すということと歯は密接に関係しています。例えば前歯が無くなると喋りずらくなります。一方、奥歯の数が減ってくると、明瞭な声でなくなります。相手に伝わりにくい声になります。そして、奥歯が減ると“食べ物を咬む能力”は、急激に落ちてしまい食事がしづらくなります。このような、数々の不便な問題が起こることは避けられません。何よりも、モノをきちんと咬むことが出来ない→食事ができない→健康を害します。原因不明の疾患に悩まされる可能性も否定できません。それだけ、よく噛んで、口の中で消化するという行為は生きていく上で大切なのです。そのように体はできているからです。

患者さんの歯に問題が起きたときになるべく早く治療を終えることを望むと思いますが、一度移動した歯をキレイに治すのに時に年単位の時間が必要になることもあります。そのようにならないためにも、ご自身のお口の中を日ごろからのメンテナンスをしてあげましょう。予防が大切ということです。

歯が減ると顔が変わってしまいます。

歯が無いと食べづらい等の他に、顔に変化が出ます。自分では些細な変化と思っていても相手に与える印象を大きいものです。人の印象を左右する口元は、年齢を重ねるとしわができてきますが、そのしわのでき方に歯がかかわっていることもあります。通常、人の前歯は垂直に生えているのではなく少し外側に傾いているので、唇を前に押しのけてくれています。ですが、押しのけてくれるはずの歯が無くなってしまうと、たるんた唇がしわとなってしまいます。このように口元にしわができてしまうと、見た目にも年をとっているように感じられます。歯科ではこれを老人用顔貌と表現します。また、奥の歯の数が少なくなると上の前歯がだんだん前に押されて出っ歯になってしまったり、歯がすいてきたりすることもあります。昔と歯の生え方が変わったりしていませんか?

いつまでも若々しくいるためにもしっかりと歯を残すことが大切です。

歯がなくても食事は一応できます。しかし、問題はあります!

歯が無くても食事ができる方は勿論いらっしゃいますが、実際は本当に問題がないかというと、ないわけではありません。全ての歯がない人で、入れ歯を装着していない方の多くは舌ですりつぶしながらの食事となります。ですから軟らかいもの、流動食しか食べることはできません。入れ歯を入れるということは、どうしても違和感を感じます。それが嫌だったり、入れ歯を装着するのが煩わしいといった理由で、入れ歯が必要な状態でも入れ歯を装着していない方もいらっしゃいます。ですが、体の健康・栄養面を考えると、入れ歯や繋がったかぶせ物を装着することが望ましいです。

また、歯が無くなってしまうと食事は歯肉でするため、歯と違って歯ぐきは歯ごたえ等の細かい感覚が判りづらくなります。全てを舌で判断・判別しているわけではないのです。例えば、そばとうどんの違いが判りにくくなってしまいます。どんな食事でもおいしく食べれるようにするためにも歯をなくさないようにしましょう。

歯がないと、食事だけでなく、話すことも億劫になったり、口を動かす行為自体が減ります。口を動かす、噛む、という行為は、脳への大切な刺激です。

神経がある歯を一本でも多く残すことが望ましいのですが、なかなか難しいことです。歯を失ってしまったら、放置せず、入れ歯・インプラント・ブリッジを歯科医院で検討して下さい。そして、常日頃から、定期的に歯科に通うという習慣を身につけていただきたいというのが歯科医師として心から思うことです。私の歯科医院に来て欲しいということではないですよ。

ご自身の歯を意識する、ということは、自分自身に目を向ける、ことになります。生きるために、食べる・飲む・呼吸する・話す・笑う・・・すべての始まりは「口」です。歯を意識するというこは、お口の中を意識するということと同じです。何事もスタートが肝心です。心身の健康は、お口の健康から、というのは決して言い過ぎではないと思います。

参考までに夢占いで歯が抜けるのは世界共通で身内の不幸や、病気などの良くないイメージだそうです。それだけ歯がなくなることは良い事ではありません。


歯の色を白くしたい方へ 歯の色の仕組みとホワイトニングで白く見える理由を解説。

笑った時に白い歯がキラリ。素敵ですよね。

笑顔には白い歯が似合います。

あなたの歯の色は、あなたの理想の色ですか?

ご自分の歯の色が気になっていませんか?

歯の色って何色だと思いますか?

歯の色は様々。ひとりとして同じ色の歯を持つ人はいません。

歯の色は?という質問の答えは白ですが、白といいましても数えきれないほどの白っぽい色があります。

歯は、黄色っぽい象牙質を半透明の白色のエナメル質で覆われている構造です。象牙質の色、エナメル質の色の組み合わせになりますので、白っぽい色といいましても一人として同じ色の歯を持つ人はいません。

理想の歯の色というのは、歯の色だけでは決められません。まわりの色とのバランスもあります。肌の色、唇の色、髪の毛の色とのバランスもありますし、女性でしたらお化粧との兼ね合いもあります。

身近な例でいいますと、スマートフォンの画面で白い色を表示した時、真っ白な蛍光灯やLEDの下で見る画面の白色と暖色系の明かりの下で見る白色では色味が変わって見えるという経験はどなたにもあるのではないでしょうか?まわりの環境光によって、青っぽく見えたり、黄色っぽく見えたりします。

鏡を見て、理想の歯の色を考えるということは、あなたの顔に似合う色=理想の色です。

普段歯の色を気にしていない方は少なくないと思いますが、気になっている方というのは、おそらく「歯の変色」が気になられていると思います。

歯の色が変わる原因

歯の変色というと黄ばみを思い浮かべると思いますが、他にも灰色っぽい、黒っぽい、青緑っぽい、より白っぽい変色があり、種類は意外と多いので す。

歯の色というと、どうしても表面、つまり外から見える部分ばかりに目が行きがちです。

実際は、歯の色は外側だけでなく内側の色の影響を大きく受けます。

つまり歯の変色は、歯の外側と内側の両方に原因があります。

外側からの変色原因

外側からの変色の原因は、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワインなどの色がついた飲み物、カレーやミートソースなどの色が強い食べ物、喫煙による タバコのヤニの付着、薬の色素などが歯の外からきた色素が歯に沈着するタイプの着色汚れです。

内側からの変色原因

内側からの変色の原因は、加齢により歯の内側から黄色くなるものがあります。歯には象牙質という黄色い層があるのですが、年々この色が濃くなるの でだんだん歯が黄色くなります。白い歯が若々しく見えるのは、実際に若いときの歯が白いためなのです。

虫歯や内服薬による歯の変色

虫歯で歯が黒っぽくなるというのはどなたでもご存知の現象だと思いますが、黒っぽくなるだけではありません。黒っぽくなるのは、かなり進行してし まった虫歯のケースです。

初期の虫歯は歯が白くにごった色になり、これがさらに進行すると茶褐色や黒っぽくなってきます。

病気をで服用するクスリによる影響での歯の色が変わることもあります。

虫歯だけでなく、病気をして服用するクスリによる影響での変色もあるのです。例えば、テトラサイクリンという抗生剤によって歯の色が変色しま す。乳児から7歳くらいの間にこの薬を長期間飲むと歯に色素が沈着してしまい歯の色がかなり濃くなったり歯に縞模様ができたりします。色は薬の種類によって様々です。

このように歯の着色・変色の原因は様々です。ですから、歯を白くする、自然な色に戻すためにホワイトニング、クリーニングにもいろいろ方法があるのですが、歯の色が濃い場合には歯のクリーニングやホワイト二ングだけでは白くするのは難しい場合があります。

歯の汚れをクリーニング

歯のクリーニングは、歯を綺麗にするということ、つまり、誰もが日々行っている歯磨きも歯のクリーニングですね。歯の汚れをキレイにするためには、どこが汚れやすいのかについて知っておくことが大切です。

歯が汚れやすいところ

歯の裏側、歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など、歯みがきのしにくい部分に汚れは付きやすいです。

歯の表面で一見きれいにみえるところでも、ざらざらのところに着色汚れはつきやすいです。ついてしまった着色汚れが取れなくなる前に、毎食後に歯 をていねいに磨いて、ざらざらしないようにきれいにしておくことが重要です。

歯の汚れでよく聞くステインとは?

歯みがき粉等のCMで良く耳にするステインとは、歯の表面の着色や汚れを指します。

ステインという言葉自体は、歯に限った用語ではございません。布や木材に色を付ける、染色の材料をステインといいます。

歯の汚れは、食事やタバコを吸うことで付着しますが、食後の歯みがきで大体は取り除くことができます。しかし、取りきれなかった小さな汚れが、日々蓄積されますと頑固な汚れとなり色がつきます。これが「ステイン」です。お茶やコーヒー用のマグカップに、いつのまにか色がついてしまうことってありますよね。それと同じです。

歯の黄ばみは、蓄積された汚れと「歯の表面のタンパク質」が結びつき、ステインとなることが原因です。

茶渋には塩が効く!塩といえば歯磨きにも・・・

生活の知恵で、頑固な茶渋には、塩が効くことをご存じの方も多いと思います。マグカップの頑固な茶渋の汚れは、塩とスポンジで磨くと簡単に落ちます。漂白剤を使わなくてもキレイになります。これは、茶渋に含まれているタンニンという成分と塩が結びつくためです。タンニンといえばワインにも含まれています。ワインはグラスで飲みますから、気になることはないかもしれませんが、白い服や布を汚してしまったときに塩水は効果あるかもしれません。

このような効果がありますので、塩が入った歯磨き粉は古くからあります。歯磨き粉は江戸時代から販売されていますが、塩と指(房楊枝を使わない場合)で歯を磨く習慣は江戸時代から一般的でした。

さっきまでツルツルだった歯が、いつの間にかヌルっとする原因

歯をみがいた後は、歯の表面がツルツルしていますよね?ところが、しばらくするとぬるっとした感じがしませんか?寝る前に歯を磨いて朝起きたら・・・このヌルっとした感じがするのは歯の表面が膜で覆われるためです。この膜は、だ液から分泌される「ペリクル」と呼ばれる歯の表面をおおうタンパク質の膜です。

「ペリクル」には歯の表面にしっかり密着して歯を細菌などから保護する働きがあり、歯の表面からカルシウムやミネラルが溶け出すのを防いで、 歯の石灰化を助けるという働きがあります。と、同時に細菌や「ステイン」を呼び寄せて付着させるという働きもあります。

「ステイン」は歯みがきをすることで、歯の表面の「ペリクル」と一緒に大部分は剥がれ落ちます。しかし、数時間もすると「ペリクル」は歯に付着してしまいます。それを、そのまま放置すると歯の表面に残った「ステイン」の沈着を招きます。

さらに歯石がたまって歯がざらつきますと余計に「ステイン」は沈着しやすくなります。

大切なのは、食事はゆっくりよく噛むことを意識すること、食後には歯みがきをしっかりと行って汚れの蓄積を防ぐことです。

市販の歯磨き粉でどれくらい歯が白くなるの?

白くなるといっている歯磨き粉ですが、これで歯本来の色以上に白くなることは難しいです。(きっぱり)

何故なら、歯磨き粉で歯が白くなるというのはあくまで歯の表面に付いた茶渋やヤニなどの汚れを落とすことによって歯が白くなるということなので、 歯本来の色以上に白くするのは難しいのです。また、歯磨き粉に含まれる研磨剤は歯の表面にこびりついた着色や歯垢を取り除いてくれる便利なもので すが、粒子が粗い研磨剤だと必要以上に歯の表面を削りとってしまい、歯を傷つけたり、薄く弱くしてしまうことがあります。そのため、歯が削れて、しみてきたりすることがあります。

歯磨き粉をつけてゴシゴシと強くみがくのはやめたほうが良いでしょう。

私は、歯磨き粉は使いません。

歯科医院で行なうクリーニング

歯、歯茎の着色や汚れは、いくら丁寧にみがいても、ご自身の歯みがきでは落としきれない汚れがあります。

頑固な着色や汚れも「歯科医院で行なう歯のクリーニング」ならば、すっきりときれいに落とせます。歯科医院での歯のクリーニングは、歯の表面にこびりついてし まった汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢を、専門の器具や機械で取り除く治療法です。

歯の表面の着色や歯垢、歯石は、ご存知の通り、虫歯や歯 周病の原因になります。特に歯石は、歯みがきで落とすことはできません!虫歯や歯周病を防ぐためにも、見た目を美しく保つためにも、ご自身では落としきれない着色や汚れ、歯垢、歯石は定期的に歯科医院でケアしましょう。

クリーニング後のPMTCでツルツルの歯に・・・

さらに歯をツルツルにまた、白く見せたいという方には、クリーニング後のPMTC(プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング)がオススメです。PMTCとは、歯と歯の間や歯と歯肉の境目など、自分では落とせない歯の隙間の汚れを落とし、さらに歯の表面についてしまったワインやコーヒー、紅茶などの茶渋、タバコのヤニなどの着色汚れなどを取り除く治療です。

さらに、歯の表面を研磨してフッ素の塗布も行ないます。フッ素を塗布することで歯の表面がなめらかになり、ツヤのある美しい歯に仕上げます。

歯の表面がツルツルになると、汚れが付きにくくなり、虫歯予防にもなります。

歯の色を白くする方法「ホワイトニング」

歯の本来持っている白さ以上に白く、さながら芸能人のような歯にしたいときに行うのがホワイトニング。

一昔前は、歯の表面を削って白く見せるという手法がわりと一般的でしたが、歯を削るのはよいことではありません!虫歯の治療でも、できるだけ削ら ない、ことが歯の健康、後の生活においても非常に重要です。(私の歯科医院のポリシーは、できるだけ削らない!抜かない!神経を残す!です。)

歯磨きでもどうにもならない!歯医者さんでホワイトニングをしたい!と思われている方は、ホワイトニングが実際どのようなものなのかまでは、把握されていないことでしょう。

おそらく衣類の洗剤のように「漂白」する歯専用の特別な薬剤を使うと思われているのではないでしょうか?それは、あくまでクリーニング・洗浄で、ホワイトニングは一般的な漂白とは異なります。

ホワイトニングとは、歯の表面の色素を無色透明にしたり、歯の表面構造を変化させることで白くみせるのです。

ホワイトニング剤には主成分として過酸化水素や過酸化尿素が含まれています。これらは高温になると酸素と水に分解されるのですが、その際に酸素が発生します。その酵素が歯のエナメル質の色素と結びつき、色素を無色透明に分解します。歯の表面のエナメル質を構成している成分はほとんどが無機質なのですが、わずかに有機質の部分があります。その有機質の部分を白くするのです。

また、過酸化水素や過酸化尿素はエナメル質の表面構造を角状から球状に変化させ、光の乱反射を起こすことにより、象牙質が透けて見えなくなります。これを「マスキング効果」といいますが、歯が本来の色よりも白く見えるようになります。身近な例えでいいますと「すりガラス」です。イメージできたと思います。

ホワイトニングは半永久的なものでございません。

一旦歯が白くなると、後はずっと白い歯が続くと思うと思いますが、残念なことですが、きれいな歯も時間とともに再び以前の状態に少しづつ戻ってし まいます。その原因は汚れや色素の再付着とホワイトニング効果の後戻りがあります。

これらは、何回かのお手入れ次第で防止できますので、白い歯を手に入れたら次は長持ちさせるように定期的に歯科医院に通うことが必要になります。

もちろん、ホワイトニング効果を長持ちさせる特別な方法はございます。

ホワイトニングの前に健康な歯を!

ホワイトニング効果を長持ちさせる方法ですが、これは歯科医院によって手法はさまざまです。長持ちさせたくない→多く通ってもらいたいという歯科医院もあることでしょう。

高倉歯科マインドクリニックでは、できるだけ長持ちさせるホワイトニングをいたします^^

まずは、健康な歯の状態にしましょう。虫歯がある人、気になるところがある人は、歯医者さんに診てもらいましょう。

私は、ホワイトニングのために歯医者に通っていただくのではなく、歯の健康のために予防歯科に定期的に通ってほしい!というのが歯科医師としての本音です。


歯の詰め物や被せ物の寿命を数十年にするために必要なこと。歯の寿命も延びます。

虫歯の再発防止と歯に詰める物や被せる物について

虫歯の治療をしたのに、虫歯がまた再発した、詰めたものが取れてしまった、被せていたものが割れてしまった・・・こんな話を耳にしたことがある、または実際に経験お持ちの方いらっしゃることでしょう。せっかく治療したのに、また治療なんて・・・イヤですよね。

何度も治療をするということは、それだけ歯を削るということ。つまり歯が無くなるまでの期間、寿命が短くなります。

例えば歯を削って詰め物を入れます。数年後詰め物がきちんと合っていないために虫歯になってとれてしまいます。そうするとまた歯医者に行き、歯をけずりまた詰め物を詰めるそれが何度も繰り返される度に歯の削られる部分が多くなってしまいやがて神経を処置せざる得なくなります。

さらには神経をとると歯は、よく「枯れ木」に例えられますが、枯れ木は一見丈夫そうにみえますが、中は栄養が行き届いていないのでもろくなっています。 生きている歯の神経は常に歯の硬さや再生を支配しています。歯の神経が死んでしまうという事は、その歯に栄養分が行かなくなってしまいます。従って弱くなり、割れやすくなります。 暫く神経を処置した歯をそのままの状態で使っているともろくなっているので人間の噛む力は自分の体重分位噛む力が強いので、今度は歯にヒビが入って来ます。 歯がヒビがはいりますと、これは大変です。最悪は歯を抜かざる得なくなります。(俗に歯牙破折と呼ばれています。) これが歯の寿命が短くなる原因にもなります。

治療した歯が何度も悪くなる原因とは?

治療したものがダメになる理由は大きく分けると2つあります。

  • まず歯みがきがきちんと出来ていない
  • 詰め物や被せ物が歯にぴったり合っていない

正しい歯の磨き方をしている人が少ない!

きちんとした歯磨き。これは、皆さんが考えているよりかなり難しいと言われています。一生懸命に磨いてもお口の中の汚れは、約20%は磨き残しがあると言われています。これはお口の中の面積での話なので、イメージが湧かないと思いますが、28本ある歯のうち数本は磨けていない、磨いていないのと同じといえます。勿論、磨けていない面積の話になりますが。

歯の正しい磨き方を身に付ける方法とは?

では、どうしたら歯磨きが十分に出来るようになるのか? プロに教わるのが一番です。 正しい歯の磨き方というのは、実際は人それぞれなのです。人によって歯並び、歯の生え方、形、大きさは様々です。つまり上手く磨けない部分は人それぞれです。ですから、自分にとって正しい磨き方はオリジナルなのです。どうすれば、そのベストな磨き方を身につけるには、歯磨きの専門家に習うのが一番の近道だと思います。(例えば、歯科衛生士などですね。) 1度習ってしまえば、あとは勉強と同じで応用です。具体的には、習った事を何回も復習する。復習を続けていけば、自ずと身についていくものです。先ずは習う、これがきちんとした歯磨きが出来るようになるために必要です。だからこそ、歯科衛生士という資格があり、職業があるのです。歯科衛生士は、いわば歯ブラシの勉強の先生みたいな存在です。生徒にあった歯みがきの仕方を教えてくれます。ですから、歯みがきを習うのは、是非、衛生士の資格があるベテランに習うのがわかりやすいと思います。 歯みがきが不十分ですと、健康な歯でも虫歯になる可能性はあります。お口の中には虫歯にするばい菌が常にいますからね。毎日歯みがきをがんばっているのに何故か何度も虫歯になってしまう・・・この場合は、詰め物、被せ物に原因がある可能性が高いです。

虫歯の再発を招いてしまう詰め物と被せ物とは?

詰め物や被せ物が歯にぴったりと合っていないと、隙間や引っ掛かりが生じます。これは、ご自分で気づけないくらい小さく、目で見て確認できないくらい小さくても、ばい菌のすみかができてしまい、虫歯になってしまいます。 つまり、詰め物や被せ物が、限りなく精巧につくられて、ぴったりあっていれば,ばい菌が入らなくなりよいのです。 しかし、これを作るのは簡単なことではありません。 ですから、歯科医院はたくさんあり、通う人が多いともいえます。それは医院により被せ物や詰め物の精度も違います。もちろん医院の考え方も違いますので、新しい方が良いと思っている歯科医院もあるでしょう。

歯にぴったりと合う詰め物、かぶせ物の製作に欠かせないこと

歯医者でむし歯の治療で歯を削られてから「次に型をとりますね」と言われた記憶、きっとおありでしょう。 この型を歯科用語で『印象』といいます。 歯の詰め物や被せ物を作る時に大切な事は、お口の中から外すときにゆがまない型を採る事、つまり精密な『印象』を採る事なのです。

精密かつ正確に製作することは難しい!

ここで、詰め物や被せ物の製作手順を説明いたします。

  1. 型を患者さんからとります。
  2. 採った型に石膏を継ぎます。ここで、模型とよばれる詰め物や被せ物を実際につくる物体が出来上がります。
  3. 模型をもとに、技工士さんや医者自身がワックスとよばれる、ろうそくの材料で詰め物や被せ物を作ります。
  4. 鋳造とよばれる作業で実際に金属に被せ物や詰め物を代えていく作業です。
  5. 研磨、鋳造して出来上がった詰め物や被せ物をピカピカに磨く作業です。

こうして、患者さんのお口の中に入れる詰め物や被せ物が出来上がります。 私達、歯科医師は、学生時代にこの工程を実際に行ない大学病院で詰め物や被せ物をつくる実習を行います。これだけ多くの工程を経るわけですから、『印象』が少しでも歪んでいればば、工程を経るたびに歪みが大きくなっていきます。 どんなに一生懸命につくっても『印象』が歪んでいますと、実際患者さんのお口の中に入れてみますと、ガタついていて細かいところに隙間が出来たりしました。ましてや入らないこともありました。 『印象』の精密さが、詰め物、かぶせ物がお口に合うか合わないかを決定します。『印象』が精密でないと詰め物、かぶせ物は歪みます。お口にいれてからのガタツキや段差などを感じますし、削るなどの調整が必要になります。これはのちのち痛みを感じたり、何より入れたものの寿命が短くなる可能性は否定できません。 だって出来上がったものは、完成品として形、つや、バランスを整って納品されてきます。その完成品をいじることは、多少の調整は仕方ないとしても姿、形を変えてしまう事になるからです。この調整がほとんど必要ないのがベストであり、そのためには精密かつ正確な『印象』でないといけないのです。

精密な『印象』を、何でつくるべきなのか?

『印象』は型ですので、その型が変形してしまっては元も子もありません。しかし、変形して歪んでしまいがちなのです。それはなぜかといいますと、歯と歯肉にはそれぞれゆるいカーブを描いています。従って型を外す時は弾力性が必要になります。この弾力性がしっかりと元の位置に戻らないといけないのです。

ですから弾力性と形状を保持できるか否かがカギですので、『印象』の素材選びが、とても大切です。『印象』の素材のことを印象材といいます。 色々な印象材がありますが、型をお口の中から外した時に比較的安定しているのは、現在では、シリコンとよばれるゴムの『印象材』です。シリコンは、通常、固まるまで時間がかかるし、素材の値段としては高いなどの欠点もありますが、歯にピッタリした被せ物をつくるためにはベストな素材だと思います。

実は私も昔寒天とよばれるゼラチンに似たものとアルギンとよばれる海藻からできている材料を合わせて印象を採っている時期もありました。詰め物や被せ物は、やはり満足出来る物ではありませんでした。

保険診療でも『印象材』にはこだわる必要があると思います。

自費診療においては保険対象としては認められていない技術や機器を使えますので精密な『印象』つくりは当然なのですが、国が認めている範囲内でしか行えない保険診療でも精密さにはこだわるべきです。 保険診療で使用できる印象材は、決まっています。しかし、残念ながら、その材料では、精密さ、正確さの面で限界があります。ですから、赤字になったとしても、歯科医師は、印象材にはこだわるべきなのです。もちろん保険制限内で、保険適用されない高価な材料を使えば使うほどマイナスです。ですから、何でもかんでも良い物を提供はできません。潰れてしまいます。しかし、最低限、ここだけは身を削ってでも抑えておきたい、それが印象材だと思います。

詰め物や被せ物の未来

現在、マイクロスコープという歯科顕微鏡がありますので、詰め物や被せ物が精密に作られたかどうかを患者さまご自身の目でご確認いただけるようになりました。 マイクロスコープの倍率は、通常の技工士さんがつくるのに使う顕微鏡より倍率が高いので、保険診療で詰め物や被せ物をつくった場合は、ちょっと見せたくない部分もでるかもしれません。。。 でもしっかりと患者さんにはお見せする必要はあると思います。

肉眼レベルで見えなかったものまで、患者さんご自身の目でみることができる、これからは、そういう時代なのです。ごまかしは通用しません。歯科医師も技術を磨いて、より高度な治療を提供しないといけません。

技術といえば、最近の注目は、コンピューターでスキャンして作る、CADCAMという機械も出てきています。(今年の4月より保険導入されました。)精度は残念なことに今1つ悪いのが現状(つまりすき間だらけです。)ですが、今後数十年後には、かなり精度が高いスキャナーが出て来る時代だと思います。最近では3Dプリンターも話題ですしね。私も今後の詰め物や被せ物の精度をみてこれからは必要な機械であれば使っていきたいと思います。今現在では、コンピューターには負けていません(笑)

時代は常に変化します。良い方向にも悪い方向にも代わっていきます。私達、歯科医師は、常に患者さんに良いものを出来るだけ安く提供出来れば良いのですが、残念なことにそれでは価格競争に飲み込まれてしまいます。吉野家の良い点、安くて上手くて早い。これが患者さんが望む事ではないのかな?と思います。 ただ、現時点の保険制度では、これが難しいのが現状です。

ちょっと高いが、上手で早い。これが患者さんが望む歯科治療ではないでしょうか?

被せ物や詰め物が精巧につくる事が出来れば、トラブルなく何十年と治療した歯が持ちます。

自分が治療した歯がダメになってしまうのは、歯科医師として恥ずべきこと。 私は、心からそう思っています。

歯の寿命について


twitter