明大前/下高井戸駅より徒歩5分。完全予約制高倉歯科マインドクリニック
03-3327-1506

マイクロスコープ

理想の治療を行うために。

マイクロスコープとは、わかりやすく言うと顕微鏡です。 医療における手術用の顕微鏡は耳鼻科、眼科、脳神経外科などでは古くから使われていますが、歯科医療での導入は1990年代半ばからで歴史が浅いです。 現在、海外の大学で歯科医療を学ぶ場合は、顕微鏡の使用を前提とした教育が義務付けられています。ところが、日本の歯科医療でのマイクロスコープ普及率あまり高くありません。 なぜ、日本でマイクロスコープの導入、普及が遅れているのでしょうか?

・設備が高額である
・新たな技術の習得が必要
・精密な治療のため治療に時間がかかる
・保険が適用できない

といった原因があります。 しかし、当院が、何よりも大切にしているのは、患者さんの歯を出来るだけ削らない、確実に治療する、そして、映像で治療の経過をきちんと残す診療をするということです。患者さんの歯のことを第一に考えた治療のためにはマイクロスコープは必要です。マイクロスコープにより歯根破折など今までは治療不可能であった範囲まで処置が可能となりました。今後、設置する歯科医院も増えていくことでしょう。

映像の撮影

マイクロスコープではお口の中の様子、治療の様子すべて鮮明な映像で記録できます。治療後に、どこをどのように治療したのかを患者さん自身の目でご確認いただけます。


マイクロスコープには技術力が求められます。

当院では、世界最高峰のレンズメーカーであるCurlZeiss社のマイクロスコープを設置しています。倍率は最大で20倍以上です。マイクロスコープを通して見えるのは、肉眼やルーペでは見えてこないマイクロの世界です。患部を即座に診療するにはルーペが有効ですが、ルーペの拡大では捉えることの出来ない根菅の内部、歯周組織などが手に取るように見えることができます。 裁縫針に糸を通す場合を考えてみてください(糸通しは使わない場合ですよ)。虫眼鏡などで穴が大きく見えていたら、簡単に糸を通せますでしょうか?大きく見えていても、手の動きは、より繊細さが要求されるのです。目で見えていても、手の動きは別ですよね。 マイクロスコープを使いこなすには、技術やノウハウの習得、多くの経験が必要で、それにはやはり時間はかかります。 高倉歯科マインドクリニックは、マイクロスコープを早い段階から導入し長年診療を行ってきました。数多くの経験で磨いてきた技術には自信をもっております。 しかし、非常に残念なことにマイクロスコープは保険の適用ができません。 当院では一人でも多くの患者さんに、マイクロスコープを使った治療がどのようなものかを体験していただきたいと思っております。 現在、初診に限りではございますが、保険診療、自由診療のどちらでも無料でマイクロスコープを使った検査を行っております。(マイクロスコープを用いた治療は費用がかかります。) 是非、ご利用ください。

目指すのは日本一の“街の歯医者さん”

治療映像を全て記録します。
明確な料金
当院の特徴