ラバーダム

何のためにするの?ラバーダムのメリットとは?

ラバーダムとは、ラバーバーダム防湿(ぼうしつ)法という歯の治療方法で使うものです。

「ラバーダム」という言葉は耳慣れないと思いますが、実はみんな知っているものです。医療ドラマで患者さんが手術を受けるときに掛けられているゴムっぽいのっぺりとしたシーツ。あれです。あれの歯医者さん版です。

ラバーバーダム防湿(ぼうしつ)法とは、治療する歯をゴム製のシートを使って隔離してできる限り無菌的に治療を行う方法です。もちろん治療するときには清潔な器具を使いますが、清潔な器具を使うのは当然として、お口の中自体が問題なのです。

なぜ防湿なのかといいますと、口の中は唾液が常にでており水分でいっぱいです。湿気が多ければカビが生えるように菌は水分大好きです。治療するお口の中には沢山のばい菌が無数に存在しています。炎症が起きているところが汚れていると治りにくくなります。水分いっぱい・菌もいっぱいのお口の中を治療するには、除湿・無菌がベストなわけです。

口の中全体を除湿するのは不可能です。部分的、治療する部位だけでよいのです。唾液などに含まれる周りからのばい菌の侵入を防ぎ、病気の原因菌が少なくなれば治りやすくなります。ラバーバーダム防湿(ぼうしつ)法はそれを実現する治療方法なのです。
また、治療の際には、他の組織(舌、頬)などの柔らかい組織から、治療器具での傷を防ぐ役割もします。
顕微鏡で治療をしていると、見えるのは治療する部位に限られます。他の組織の状態を確認することが出来ません。ラバ―ダムをする事によって治療する私達も安心して治療に集中する事が出来ます。

歯の治療とくに根管治療においては、ラバーダムは必須です!!

早く治りやすくなる&安全

ラバーダムを付けないで治療した歯と、ラバーダム防湿法をつかって治療した歯を比較すれば、確実にラバーダムを使った方が治りは早いです。現在の日本において根の治療の成功率は、約50%といわれています。つまり、2本根管治療した歯の1本は、後から痛くなってやり直すという事です。当然ラバーダム防湿をした方が治りが早いだけでなく、治療部位を「ラバーダム」で清潔に維持することで、治療した部位の再感染のリスクが減り、詰め物や被せものも長持ちしやすくなります。

また、治療中に出る削りかすや使用する薬剤は体に良くないもの、不味いものもあります。勿論、それらは、治療を確実に成功させるために必要な薬剤なのですが、それらを飲み込まずにより安全に治療できるというメリットもあります。

デメリットは、ちょっと息苦しい

お口にゴムのマスクを掛けたりしますので慣れないうちは少し息苦しい感じがするかもしれません。鼻づまり等で鼻呼吸ができない方は行うのが難しいかもしれません。ただ、慣れた方ですと、寝て起きたら治療が終了していた!などということもあるくらい気にならなくなる方もいます。また、喉の奥に設置する道具も有るので、喉の奥が敏感な方は使用するのが難しいかもしれません。

全体として考えると、より長持ちする良い治療を出来るという点でメリットの方がはるかにおおきいと思います。

 

ラバーダム=ラバーのダム

治療する歯、もしくはその近辺の歯にくさび状の金具をひっかけ、それ以外の歯をゴムのマスクで隠します。つまり、治療に必要最低限の歯だけを露出させるようになっています。また、くさび状の金具だけでは、だ液が漏れてきてしまい、感染の可能性がある為、ダムと呼ばれるパッキンみたいな材料があり、ダムで歯の全体を覆います。これは、実はラバ―ダムで治療する際、隠し技的な存在でラバ―ダムをしていてもそれだけでは、完全に防湿する事は不可能だからです。やはり、ゴムだけでは、薬剤などは漏れてお口の中に入ってしまいます。ダムを使用する事で治療している歯に使う薬剤が、患者さんのお口の中に入るのもふせぎます。ラバーダム防湿法を使うのであれば、ダムは必須アイテムです。(きっぱり)

こんなに便利な器具なのに、使用していない歯科医院が多いのが現状です。

何故、ラバーダムをやらない歯科医院が多いのか?

数年前までは、保険診療に算定項目がありましたが、現在では、包括治療になってしまっているので、時間、手間、材料代のコストを考えると使わない診療の方が歯科医院の収益が上ります。これを補うには、人件費、材料代などのかかる費用が必要になります。

つまりは、保険診療でなく自由診療になります。

ラバーダムを使っても保険診療の点数になりませんし、ラバーダムを使わないといけない決まりはありません。使わない歯医者が多いのは当然の結果です。ですが、治療の精度をあげる上では絶対に必要なのがラバーダムです。

患者さんの神経ない歯を出来る限り残す為には再発の可能性を低くしないといけません。患者さんの歯の健康・将来を考えればラバーダムは必要です。高倉歯科マインドクリニックでは、必要に応じてラバーダムを使用して診療しています。勿論、ダムも使用します。

ラバーダムを装着した方が良い、診療内容は、

  1. 根管治療。神経をとってある、または、とらなけれならない歯
    の根の治療の場合
  2. 直接覆罩と呼ばれる、虫歯が深い際に歯の神経を残す治療の場合
  3. 治療して、詰め物を直接詰める際、だ液、血液など、他の侵入物が治療するのに妨げになる可能性がある場合

など、多岐にわたります。

現在では、マイクロスコープという顕微鏡が開発され、診療に使用されています。マイクロスコープで治療する理由は、拡大した歯を見て治療する事で治療の成功率を上げて後に、再発させないようにする為です。何度も同じ歯を治療する事はいずれ歯が割れたりして抜歯する様になってしまいます。

直接覆罩と呼ばれている治療の成功率もマイクロスコープとラバーダム防湿を使う事により、格段に良くなりました。
昔では、考えられませんが、歯の神経を見ながら治療が出来るのです。
医科の脳外科や眼科が使用して治療するのと同じ顕微鏡を使用しているわけですので、当たり前といえばそうなのですが、確実な神経の治療が出来ます。この治療法の際にもラバーダム防湿は、強力な道具になります。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
世田谷区の松原(明大前~下高井戸エリア)で高倉歯科マインドクリニックを平成元年に開業しました。マインドというのは、患者さんの気持ちに応える医者でありたいという強い思いを込めています。 歯でお悩みの方がいたら一人でも多く助けてあげたい、地域医療へ貢献したい、そして、日本一の「街の歯医者さん」になるために日々診療にはげんでおります。

twitter